new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

販売期間
2022/10/14 00:00 〜 2023/02/26 23:59

【津和野町】素材のおいしさを詰め込んだお餅3種セット(送料込み) ※1週間以内に発送予定

3,500円

送料についてはこちら

■島根県鹿足郡津和野町について 旧津和野町と旧日原町が合併して生まれた津和野町。 人口およそ7,200人、島根県の最西端に位置する山深く盆地の広がる町。 明治維新前には津和野藩亀井氏の城下町であり、山間の小さな盆地に広がる町並みは、「山陰の小京都」として知られています。 また、SLやまぐち号の終着駅でもあり、山口市・萩の滞在観光客が訪れることも多いのが特徴です。 ■津和野町で取り組む事業紹介 この町では小さなコミュニティだからこその強みである、柔軟性やスピード感を活かしたまちづくりを行っています。 津和野町では地域商社「まるごと津和野」という事業を行っています。農業・漁業といった地域の生業を未来に紡ぎ、都市と地域の関係を結び直すために、地域商社機能として流通販売やPRを促進することを目的に事業を運営しています。 また、「まちのオフィス」と呼ばれるコワーキングスペースの運営も行なっております。まちの課題を解決するための拠点として、2021年にオープンしました。「まちのオフィス」ではテレワークなどで使用できるようなオフィス環境や地域の方と一緒にワークショップを行うなど、地域の交流拠点にもなっています。 ■50年続く、地域に愛される味 津和野もち日和は、津和野町木部の長福(ながふく)という集落で米作りから丁寧に美味しいお餅づくりをしています。 地元の道の駅に出せばすぐに売り切れ、県外からの注文も多く、北は北海道、南は福岡までリピーターや口コミが広がりとても人気のあるお餅です。 津和野町では自宅でお餅を作ることが多く、お餅は購入するものではなく自分たちで作るものとして食べるのが一般的です。 しかし、「ここのお餅を一度食べたら、自分のところで作るのが馬鹿らしい」、「もっちもちなのが美味い」と地域の人たちも納得の味。 地域商社「まるごと津和野」で販売していたご縁とmade in 津和野のお餅の美味しさを届けたいという想いから人気の3種類を詰め合わせたセットをご用意いたしました! ■商品紹介 お餅は秋〜冬までがシーズン。木部地区で採れたもち米を使用し、昔からの作り方で、蒸した水分だけでこねていきます。 ・白餅 もち米と水だけを使い、その他の添加物は一切使っていません。もち米の蒸し方、杵つきの時間、つき方などを一つ一つ受け継ぎ、50年間続いてきた餅の味を守り続けています。 ・草餅 草餅に使うよもぎは、野山で摘んだよもぎを丁寧にあく抜きして使っています。自然のものならではの良い香りが楽しめます。 ・玄米餅 玄米餅の製造日数に4日間かかるそうです。玄米を2日浸水し、そのまま蒸してつくともみの食感がプチプチして、癖になります。 ■美味しさの秘密は素材にこだわること。 寒暖差の大きい奥津和野の自然の中できれいな水を使い、種から刈り取りからもみすり、精米まで丁寧に手をかけて一粒一粒大事に収穫する米づくり。 そのもち米を使ってつくお餅は、最高に美味しいお餅です。 もち米はもちろんですが、使われる素材は、全て津和野で生産されたものを使用しています。 よもぎは道端で採れたものではなく、畑に生えている青々とした津和野のよもぎを摘んでいて、野菜と同じ養分をとって育っているため風味がとても良いよもぎを使用しています。 ■おすすめの食べ方 「腰があって粘りが強い」という声が多く、お雑煮や鍋に入れて食べるととても美味しくいただけます。 もちろんオーブンやレンジに入れて焼いて食べるのもオススメです。 美味しい食べ方は、電子レンジで1分、お餅をやわらかくしてから、トースターや火にかけるとふっくらします。 時短にもなりますので試してみてください。 ■お餅を存続させたい!という想い 約50年前に創業され、当時は人が賑わう朝市にお惣菜やお餅を出されていました。 創業されたおばあちゃんは現在90代。娘さんが継いでお餅作りをされていましたが辞めようと考えていました。 お餅がなくなると困るという声が多かったことから、20年保育士として働いていた柳井里絵子さんが手を挙げ継ぐことを決めました。 「毎年、おばあちゃんが作る美味しいお餅を楽しみにしていた私にとって、このお餅が食べられなくなるのは嫌だと悩み、仕事を辞めて餅作りを継ぐことを決意しました」と話す柳井さん。 おばあちゃんから美味しいお餅を作るためのノウハウを全て教わりましたが、引き継いだ当初、おばあちゃんのお餅作りはほとんど感覚で作られており、どの割合で配合されているのかを分量を数字化するのに苦労したそうです。 何度もレシピをおばあちゃんに聞き、試行錯誤を繰り返し、おばあちゃんの味を絶やさず今に引き継いでいます。 ■お餅作りを通して 柳井さんは「おばあちゃんが自然のものを使って手作りしてきたお餅を地元に残し、全国に美味しさを届けたい」と話します。 お餅作りを継いだことの変化といえば、以前よりも多くの人にお届けできるようになったことです。 津和野町だけではなく、少しずつ近隣県や首都圏に販売を広げています。 おばあちゃんのときから購入してくださる方がリピートして購入してくださったり、美味しいからと取り寄せてご近所さんへ配ばっている方もいらっしゃるのだとか。 ぜひ、津和野のお餅を食べてみてください。 お餅に興味がなかったスタッフが食べても「おいしい!」と声が出るほど素材の美味しさが分かる味わいでした。 全国に美味しいと思ってくれる1人になってほしい。 私たちスタッフと柳井さんの気持ちは同じです。 そして、「徐々に卸先も増えてきたこともあり、製造のお手伝いをしてくれる地域の同世代や若い方たちも協力してくれています。今までは"商品を販売すること"に目を向けてお餅作りをしていましたが、一緒に働いてくれる地域の人たちのために頑張ろうと思うようになりました。」と話します。 購入することは、津和野の美味しいお餅を全国の皆さんへ届けることができることに加えて、地域の若い世代が働く支援につながるはずです。 ============== ■素材のおいしさを詰め込んだお餅3種セット 商品名:白餅 名称:もち 原材料名:もち米(島根県・津和野産)・片栗粉 内容量:1パック500g(7個入) 賞味期限:製造日から2週間 保存方法:直射日光、高温多湿は避け涼しいところで保存してください 販売者:津和野もち日和 柳井里恵子 製造者:津和野もち日和 柳井里恵子 商品名:草餅 名称:もち 原材料名:もち米(島根県・津和野産)・片栗粉・よもぎ 内容量:1パック500g(7個入) 賞味期限:製造日から2週間 保存方法:直射日光、高温多湿は避け涼しいところで保存してください 販売者:津和野もち日和 柳井里恵子 製造者:津和野もち日和 柳井里恵子 商品名:玄米餅 名称:玄米餅 原材料名:もち米(島根県・津和野産)・片栗粉 内容量:1パック500g(7個入) 賞味期限:製造日から2週間 保存方法:直射日光、高温多湿は避け涼しいところで保存してください 販売者:津和野もち日和 柳井里恵子 製造者:津和野もち日和 柳井里恵子 <注意事項> ・おもちの生産の都合上、毎週金曜日に発送いたします。 少人数で製造販売をしているため、ご注文をいただいた日より翌週の金曜日に発送予定となりますので、予めご了承ください。 ・宅配便で配送いたしますが、下記の通りで送りいたします。 10~11月:クール便 (ヤマト運輸) 12~ 2月:常温便 (ヤマト運輸)

セール中のアイテム